大野接骨院/ハートプラン研究所 | 上尾市の接骨院

埼玉県上尾市小敷谷1-22
TEL 048-726-1606

脳科学から見た良姿勢への適応

ヒトは、背骨を軸に前後、左右に均衡がとれています。骨盤の仙腸関節から環椎後頭窩関節まで、ヒト本来の骨格バランスを意識する必要があります。普段から正しい姿勢を意識することで、あるべき骨格バランスを脳内に覚えさせる事が重要です。

脳科学的に若い人で4~6週間、年配になると5~8週間程の期間を要します。短期記憶を長期記憶に変え、良い姿勢が定着してくると、頭痛、後頚部の緊張等、今まで煩わせてきた諸症状の改善が期待できます。

普段から左右の肩甲骨背骨に近づけることを意識し、常に脳に言い聞かせることで良い姿勢を記憶し、定着させることが大切です。

関連記事