大野接骨院/ハートプラン研究所 | 上尾市の接骨院

埼玉県上尾市小敷谷1-22
TEL 048-726-1606

骨格アライメントと記憶の関係

仙腸関節の歪みを治すことで骨盤を調整し、腰椎、胸椎、頚椎、そして環椎後頭窩関節を正常にし、良いアライメントにしても、すぐには良い姿勢として記憶されません。現段階では、短期記憶の状態です。短期記憶として脳内にインプットされた良い姿勢は、一時的なものとしてでなく、短期記憶長期記憶に変え、日常生活に定着させる必要があります。

まずは、普段から肩甲骨を意識し、左右の肩甲骨を背骨に近づけることを脳に言い聞かせ続けます。そして、鎖骨を前に出し、人に鎖骨を見せるイメージです。スポーツでは、体幹を意識することにより、手打ち等の悪い癖を忘れるようにしなくてはいけません。日常、歩く時も肩甲骨を意識し、25m位先を見据えて歩行することが望ましいです。

骨格バランスを正常にし、快適な日常生活やスポーツ活動を送られますよう、専門家として治療やアドバイスをさせて頂きます。

関連記事