大野接骨院/ハートプラン研究所 | 上尾市の接骨院

埼玉県上尾市小敷谷1-22
TEL 048-726-1606

キーボード操作と上腕骨外側上顆炎について

上腕骨外側上顆炎の発生機序

上腕骨外側上顆炎は、主に反復的な手作業を行うことにより肘関節付近にある手関節背屈筋群に炎症を起こします。そして、肘の外側にある骨性隆起部に痛みを訴えます。別名「テニス肘」とも呼ばれ、反復的な手作業をされる方、テニス愛好家に多くみられます。さらに、パソコンのキーボード操作を長時間される方にも見られます。反復的なキーボード操作によって、上腕骨外側上顆炎を引き起こしてしまう理由を考えてみます。

上腕骨外側上顆は、上腕骨の肘部外側にある骨性の隆起です。上腕骨外側上顆には、手関節背屈動作を行う筋群(以下、手関節背屈筋群)が多く付着しています。肘に限らず、筋が骨に付着する部位は、力学的に負荷がかかりやすい場所であり、炎症及び痛みを引き起こしやすい部位でもあります。パソコンのキーボード操作は、ほとんどの方は前腕をデスクに置いて、手関節を背屈させた状態でタイプ操作を行っています。短時間であれば、問題ないのですが、仕事や学校でパソコンを高頻度で使用されている方は、反復的な手関節背屈動作により、知らず知らずのうちに手関節背屈筋群の動作が強いられてしまいます。進行すると、手関節背屈筋群の付着部である上腕骨外側上顆部に牽引ストレスが加わり、上腕骨外側上顆炎の症状を誘発してしまうのです。

図1 キーボード操作
キーボード操作

上腕骨外側上顆炎の再発予防

上腕骨外側上顆炎は、手関節を休ませることが大切ですが、手関節は体の中でも高頻度で使う部位です。そこが、上腕骨外側上顆炎が治りにくい理由でもあります。お勧めするのは、手関節動作を制限させるサポーターの装着です。サポーターの装着によって、手関節の動作を制限させて、日常生活の中でも上腕骨外側上顆へのストレスを軽減させることが期待できます。

また、身体に負担を軽減させるために、良い姿勢で作業を行うことも大切です。